[本] アイデアの作り方&アイデアのヒント

()

もうかなり有名な本で、今更かよって感じなんですが、恥ずかしながら最近まで読んだことなかったんで、内容整理も兼ねてメモっておこうと思います。

アイデアのつくり方

『アイデアのつくり方』ジェームス・W・ヤング 著 今井茂雄 訳

 

Web Creatorsの100号で紹介されていたので、読んでみたのですが、そこでも1番の名言として書かれていた言葉として、

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない

ということ。これだけでも結構深いですね。

アイデアの作成にあたっては、第一に原理、第二に方法を学ぶ必要があり、これがすべてであると。


この原理に関しては2つあり、そのうちの1つが上記の名言であるというわけです。


もう1つの原理は

既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性をみつけ出す才能に依存するところが大きいということ


この2つの原理を知った上で、以下の5つの方法を用いてアイデアを作るということです。

1. 資料集め

2. 1で集めた資料の咀嚼

3. 孵化

4. アイデアの誕生

5. アイデアを外界の荒波にさらす

この本をとことん凝縮すると、ほんとにこの2つの原理と5つの方法に尽きる。


これだけではよくわからないかもしれませんが、60分あればどういうことかよく理解することができます。写真の通り、とても薄いし、文字もでかいので。

 

ただ、孵化の部分が、ちょっと凡人には不確実性が高いであろう段階でもあるので、そこも凡人が意識的に対応ができるようにしたのがKJ法だったりするみたいな解説がありました。


そんなこと言われたらKJ法の勉強するしかないじゃんといった感じですが。


広告クリエイターに限らず、科学者・エンジニア・画家・詩人などからも共感を得られているという普遍性のある内容らしいので、日頃アイデアを考えている人は読んでみるのが良いかと思います。
 

この本を読んで感じたことと言ったら、やっぱり基本が大事ということですね。基本を飽きずに根気強くやる必要性を再認識します。
 

広告作る上で、商品のことはとことん深く理解しなければならないし、ターゲットのこともかなり具体的に把握しなければならないこと。普段からいろんな良いものを見てインプットして引き出しを増やしておかなければならないこと。そんな基本。ここには時間をかけなくてはならない。


事前の準備をどれだけするかで勝負は決まるとはよく言われることですしね。


そんなわけで、内容は素晴らしいのですが、ただ、全体的に具体例に欠ける感はあるかもしれないです。


もっとこの本をより噛み砕いて、具体例もたくさん入れてくれたのが以下の本。こっちおすすめ。


アイデアのヒント

『アイデアのヒント』ジャック・フォスター著 青島淑子 訳

 

『アイデアのつくり方』がわりと、理論をざっくり説明しているのに対して、この本ではかなり具体的な例を入れてわかりやすく説明してくれている。どっちか1冊選べと言われれば、こっちの方がよいかも。著者は違うけど、『アイデアのつくり方』の考え方を元に、より実践的なアプローチについてのノウハウが詰まっている。
 

アイデアをつくるとき、制約は作ってはいけないけど、制約は必要ということを説明してくれている章は、ハッとさせられます。


『アイデアのつくり方』の基本を押さえた上で、偉人達がどうやって広告を作ってきたかの事例をたくさん覗いてみることで、自分でもどんどんアイデアを出せる気分になれるのが大きいかも。(ほんとに歴史的に有名な人物が多数出てくる)


折に触れて読み返したくなる本です。

戦意

© 2012 戦意