[映画] リアリズムの宿

()

リアリズムの宿

 

iTunesで見つけた掘り出し物作品。めっちゃ新感覚で面白い映画です。
 
この手の笑いは下手にお笑い芸人のコント見るよりツボに入るとヤバいかも。
 
なぜならリアリズムだから。
 
と言って、言葉の使い方合っているのか自信ないですが。
 
誰にでも起こりえそうな、ほんとなんでもない日々を淡々と描くというか、自分の身にも起こりえそうな他人事とは思えない世界観がたまらないですね。

[映画] トイ・ストーリー3

()

トイストーリー3

 

評価している人が非常に多かったので、気になっていた作品。
 
トイ・ストーリーって観たことなくて、お子様向けの話と思って高を括っていた部分も正直あったんですが、これは素晴らしいですね。
 
普通だったらあまり考えることのないおもちゃ側の視点から、彼らなりの生き方を描いた作品。
 
自分も小さい頃から大事にしていて捨てられないぬいぐるみがあったりして、もしかしてそのぬいぐるみもウッディ達と同じようにいつか捨てられてしまう不安とか持っているのかなとか思ったり。
 
ぬいぐるみやおもちゃはピーターパン同様に歳をとらないですからね。彼らだけ寂しい思いをしてしまうんですよね。
 

[本] 仕事にすぐ効く!HTML5読本

()

仕事にすぐ効く!HTML5読本

仕事にすぐ効く!HTML5読本
春日智博, 植木皓 (著)
アスキー・メディアワークス (2011/1/22)

 

ウェブ進化 最終形「HTML5」が世界を変えるではHTML5が世の中をどう変えるのかといった大局的な視点からHTML5を解説してくれますが、もう一歩踏み込んで解説してくれるのがこの本。
 
具体的なタグレベルでの変更点もかいつまんで説明してくれるので、ちょっとHTMLかじっている人にはいい感じにまとめられています。

[本] UIデザインの基礎知識

()

UIデザインの基礎知識

UIデザインの基礎知識
古賀直樹(著)
技術評論社 (2010/4/23)

 

アプリを作りたくてUIに関する本を読もうと思い読んでみた本。
 
デザインやUIの理論に関して書かれた本でこんなに面白い本は久々です。
 
アプリケーション開発者向けに書かれた本ですが、デザインに関するいろんなことが体系立てられて整理されています。
 
なんでこのデザインじゃなきゃいけないのかと誰かに説明するときに必要なロジックがたくさん詰まっています。
 
アプリ開発者だけでなく、Webデザイナーもこの本を読むと目から鱗的な発見が多々あるはず。
 
個人的にヒットだったのが、コラムが異様に充実しているところ。

[映画] ブラックスワン

()

ブラックスワン

 

あなたの想像は100%覆されるというのがこの映画のキャッチみたいですが、その通りです。
 
途中までは淡々と進んでいくので、一体この映画がヒットした理由って何だ?みたいな感じだったんですが、気づけばいつの間にか胃がキリキリしだして、目が離せなくなり、圧倒されて終わってましたって感じ。
 
軽いショート状態みたいな。

[本] Google AdWords成功の法則

()

Google AdWords成功の法則

Google AdWords成功の法則
川田達矢(著)
ソーテック社 (2010/5/22)

 

最近Google Adwordsに広告出稿しようとしたら審査で弾かれてしまい、ちゃんと勉強してから出稿しようと思い、この本を読みました。
 
結論としては再審査するに当たっての具体的な解決策はこの本には書いてありませんが、初めてAdwordsに広告出稿する方で特に仕事でSEM関連のこともしていない方はこの本1冊手元にあると、何かと助かるかと思います。
 
成功の法則というタイトルはちょっと大げさかもしれませんね。

[本] ウェブ進化 最終形「HTML5」が世界を変える

()

ウェブ進化 最終形

ウェブ進化 最終形 「HTML5」が世界を変える
小林雅一 (著)
朝日新聞出版 (2011/5/13)

 

この本、最初に言っておくとWeb業界にいる人に関わらず、インターネットを使ったビジネスに興味がある人は間違いなく読んだ方がいい本です。
 
結構曖昧な理解だったHTML5ですが、単なるWeb業界だけのキーワードではなくて、日本のあらゆる産業にとって非常に重要なプラットフォームになるという点にとても興奮します。
 
まさにこれからの日本のビジネスの鍵となるのがHTML5であり、ここに多いなるチャンスが眠っていることがよくわかります。
 
自分もそうでしたが、HTML5が単純にHTML4.01からのマークアップ言語としてのバージョンアップしたもので、Flash並みのインタラクティブコンテンツの制作も可能になったレベルの理解では相当恥ずかしい理解だということを知らしめてくれます。

[映画] 悪人

()

悪人

 

※注意:核心部分に触れます。
 
iPhoneアプリで読んだ原作にめっちゃハマって、いつか観ようと思ってみた映画。iTunesレンタルで観たんでAppleさんにはだいぶ利益提供してますよ(笑)
 
第34回モントリオール世界映画祭で深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞したことでも話題になりましたね。
 
原作に忠実な感じでした。
 
お前が悪いだろっていような悪人がいっぱい出てくるわけですが、人を殺さなければその人は殺した人と比べれば悪人ではなくなるというような点が、この世界で生きて行く上での不条理というような感覚に陥りますね。

[映画] ソーシャル・ネットワーク

()

ソーシャル・ネットワーク

 
Web業界に身を置いておきながら今更見ました。
 
MySpaceを始めとするSNSが世の中にはすでに出回っている中でFacebookは始まったんですね。そこ意外でした。
 
ウィンクルヴォス兄弟なんていうマーク・ザッカーバーグにFacebookを作るきっかけを与えて、自分達はおいしい思いが出来なかったことを妬み訴訟を起こしている実在の人物がいるってこともこの映画で初めて知りました。
 
まあ悔しいでしょうね。でもザッカーバーグが言う通り、彼だからこそFacebookを作り出すことができたんでしょうし、もう少し彼との距離を縮める方法が何かしらあったんじゃないかなと思います。
 
一方的すぎる感じがするし。
 
全体としての印象は、なんかう〜んという感じ。

[本] Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

()

Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本
立山 秀利(著)
秀和システム (2007/10)
 
ディレクターだからなのかよくわかりませんが、何かと普段Excelファイルで仕事をすることが多く、作業の効率化を行うことも必要になるわけですが、簡単な自動化くらい自分でやったほうが早いこともあります。
 
そんな時VBAの出番となり、以前から基本的な知識は抑えておきたいと思っていたので入院を機に勉強しました。
 
この本は初心者が勉強するにはとてもわかりやすい本です。

戦意

© 2012 戦意