ビーチボーイズ世代

()

ビーチボーイズ世代最後の歳。

バカがしたくなったの。

あとでそう思える年にしないといけないのかもしれない。

本気で。

サイト開設2年

()

6月4日でこのドメインでのブログ開設して2年経ったんでした…。忘れてた。

ドメイン契約についての案内がメールで来て、そういえばそんな時期かと。

ブログを続けることは大事だと思っているので、これからも少ない更新かもしれませんが、頑張ってやっていこうと思っています。

リーマンになっちゃったんで、作品とかほとんど追加出来ないですが…。

 

もう今年も半分終わってしまった。

年始に決めた諸々の目標を眺めつつちゃんと達成できるよう努めていきます。

Fireworksで画像の一部を圧縮してjpgに書きだす

()

ECサイトに携わっている場合、バナーを外部の様々な媒体に出稿することがあると思います。

その際、会社のロゴの圧縮率は80%以上保持したまま、50KB以内に抑えろというようなレギュレーションがあったりします。

Photoshopでそんな部分部分で圧縮率変えて、1枚の画像に書きだすなんて出来るの?と困惑しますが、ここではFireworksの出番です。


西東京名物スタ丼を例に、肉の部分の圧縮率を80%以上に保持したまま、それ以外の部分の画質を下げて、50KB以内に抑えるというミッションを遂行してみます。

元の画像はドコモのガラケーで撮影した、640x480の102KBある画像です。

西東京名物スタ丼

MT5.02→MT5.1にアップグレードしてみた。

()

MTはもう仕事では全く使わなくなりましたが、一応最新版が出たということでアップグレードしました。

なんか管理画面バグってる…。

CKEditor をアップグレードする必要があったっぽい。

新機能を見る限り、個人ブログとしてしかMT使っていない場合、まああればいいけど、なくてもそんなに困らない…。って感じ。

いつになったら、WYSIWYGエディタやらページ分割機能が標準機能としてサポートされるんだろうっていう相変わらずがっかりなバージョンアップという印象。

ってかMT5が出てから結構時間経ってると思うけど、今回のバージョンアップまで時間かかった割にはこの程度なの?っていうなんかMTに対する今後の期待値も一気に落ちました。

(Apple製品を普段よく使っているから、あのバージョンアップのスピード感になれてしまって、そう感じるのかもしれないけど)

かといって、今更Wordpressをがっつり勉強する気も起きないんだよなー。頼むよSix apartさん。

[本] インタラクティブ・デザイン

()

本の紹介ばかりになってしまっている…。

今は結構いろいろと詰め込んでいる日々なのですいません。

またいい本に会いました。
 

インタラクティブ・デザイン

インタラクティブ・デザイン
庄野 祐輔 (著)
ビー・エヌ・エヌ新社 (2011/1/25)

[本] Webでの情報デザインを学ぶ

()

ディレクターになってからというもの、デザインこそしないものの、ページレイアウト(情報デザイン)の知識が思った以上に必要とされてる。

企画立案/スケジュール管理/対外的な調整だけじゃないんですね…。

まあ会社や案件内容によってディレクターがどこまでやるかはまちまちなんだろうけど。

レイアウトを骨組みレベルでまとめたワイヤーフレームをある程度作り込んでおかないと、クライアントも仕上がりイメージできないからデザインでどんでん返しが来たりなんてことに…。

意外とWebに関してはその辺り、1ページレベルでの落とし込み例がまとまった本ってない気がする。情報アーキテクチャとはまた違うし。

仕方なく、グラフィックデザインに関する書籍を参考にしてます。今回はその分野でそれなりによかった本の紹介。

After Effectsのタイムリマップ

()

AEのタイムリマップはややわかりにくいので、整理。
 

特定のシーンをスロー再生にしたいとき

たとえば映像の3秒目から4秒目の箇所をスローにしたい場合。

3秒目と4秒目にタイムリマップ・キーフレームを追加。

タイムリマップ01このままでは特に時間に変更はなし。

この4秒目にあるタイムリマップ・キーフレームを5秒目に移動。

タイムリマップ02そうすると、3秒目から4秒目のシーンが0.5秒/秒の速さで進む。

現在の時間インジケーターを4秒のところに移動してみると、実時間とタイムリマップ時間にずれが生じているのがわかる。

タイムリマップ_06

[本] これ1冊で完全理解facebook

()

これ1冊で完全理解facebookこれ1冊で完全理解facebook
井上真花 (著), 佐藤新一 (著)
日経BP社 (2011/2/2)


大学生の時から登録はしていたものの、周囲にやっている人がいなかったのとインターフェースに馴染めないということもあり、完全放置となっていたFacebook。

気づけば多くの人がすでにやっているようなので、ちゃんとやってみようと思い、ムック本買って少しいじってみました。

この本を読んで気になったのは以下の3点。

[本] あの繁盛サイトも「LPO」で稼いでる!

()

あの繁盛サイトも「LPO」で稼いでる!

あの繁盛サイトも「LPO」で稼いでる!
川島康平 (著)
同文舘出版 (2010/6/23)


もう、SEOでは儲からない時代です。


というのが帯文言に書かれた本。

確かに。

今からECサイトやアフィリエイトサイトをゼロから初めて単純にSEO対策だけでガンガン儲けるなんて、そんな上手くいくんでしょうか。

どこもかしこもSEOの内部対策や出来る範囲での外部対策も施したりしていたら、検索結果の上位表示だけに売上を頼るって危険すぎる。

Google パーソナライズ検索も取り入れられている中で、極度にSEOに頼る販促施策はやめましょうと。

ではどうするか。

その施策がLPOとターゲティング広告(SEM)

このLPOに特に焦点を当てて具体的なノウハウを書いたのは初めての本とのこと。(もう発刊されてから10ヶ月くらい経ってますが…)

[本] これは「効く!」Web文章作成&編集術

()

Webディレクター職になってから、何かと悩まされるのがライティング。そのライティングを効率的に行うヒントを与えてくれた本の紹介です。

Webページ内の原稿はいつもライターさんに依頼を出せればよいですが、そういうわけにもいかない状況だってありますね。

とはいえ、SEOを考慮した順序立て・キーワードの散りばめ方が求められたり、SEMのランディングページであれば、広告内容との連動が必要で、エネルギーを要する作業領域です。

負担は重くのしかかります。

細かい表現に気を使いますし、クライアントも最後まで気合を入れてチェックしてくれるところです。

助詞1つ取っても、いろんな人の意見を取り入れつつ、校正をしていったりもします。

だからこそ、こういうときはこういう書き方をすればよいというコツを掴めれば、結構な時間短縮にもつながります。

その上で考えるヒントになるのがこの本です。

戦意

© 2012 戦意