「映画」アーカイブ

[映画] フランケンウィニー

キモい犬だけど、かわいすぎて飼いたくなった。

()

frankenwinny.png

http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/index.html

キモい犬だけど、かわいすぎて飼いたくなった。

ほんと観ながらずっとそう思ってた。犬飼いたい。

なんなんだあの動きのリアルさは。

これアニメだよね?一体どうやったらこんな実写みたいになんの?って感じだった。

しかも白黒で。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカを観た

()

http://www.madoka-magica.com/

これはやばかった。

ストーリーは点を線に繋がる仕掛けがものすごく凝っていて、全く目が離せなかったし。

主人公が一体いつ魔法少女になるんだという、疑問を抱きながら、気づけばなっていた流れが、そう来たか!という感じだった。

[映画] GANTZ PERFECT ANSWER

()

GANTZ_PERFECT_ANSWER.jpg

 

ハマりましたよ。いや作品ではなく、タイトルに。
 
GANTZを見ようと思ってTSUTAYAで借りたらこれどうやら2部作のうちの後の方だったようですね。
 
何てわかりにくいタイトルなんだ!最初に1のおさらいとかいう内容が流れて一気にテンションが落ちた中で見たので、あまり集中できなかった…。
 
こういうのは普通にGANTZ2とかにしてくれた方が親切というか、ユーザーを惑わすダメなタイトルですね。
 
内容ですが、アクションシーンはすごい迫力でした。銃ではなく剣で勝負するのが日本らしい感じがします。

[映画] ホノカアボーイ

()

ホノカアボーイ

 

ずいぶん前に予告編を見てから、やさしい雰囲気とハワイが舞台という点が気になっていて、やっと見ました。
 
ほんと心が和みますね。
 
漫画のようなキャラの立ち具合、映像の美しさ、のんびりとした時間の流れ、切ない恋のお話、おいしそうな料理、淡々と日常を描くこの手の展開がやっぱり個人的に好きです。
 
切ないよね、こうしてみんな大人になっていくんだよね、「あーわかるわかる」みたいな。

[映画] カイジ 人生逆転ゲーム

()

カイジ 人生逆転ゲーム

 

カイジ2が公開されてますが、前作を観てなくて、予告編見てすげー面白そうと思っていながら、ずっと放置してたんで見ました。
 
最初から最後までこんなに手に汗握る映画も邦画ではなかなかないんじゃないでしょうか。
 
常にスリリングで見る人の心を離さない展開の仕方がすごいですね。
 
生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされるゲームに何度も挑戦する展開が、なるほどなというところでした。

[映画] 借りぐらしのアリエッティ

()

借りぐらしのアリエッティ

 

※注意:核心部分に触れます。
 
2010年の邦画興行収入No.1ということで、やっぱ見ておかなきゃなと思いやっと見ました。
 
いつもながらジブリならではの繊細なすごく美しいアニメーションですね。風景がほんと生き生きしてて、そこだけでも十分見入ってしまいます。
 
小人のアリエッティは絶滅危惧種に指定されている野生動物の象徴なのかな。
 
絶滅危惧種は人間達が勝手に住んでる環境を破壊するから絶滅するのであり、そのネーミングもずいぶん人間側視点の都合のよいネーミングだと。
 
家政婦のおばさんが不可解なまでに小人を邪険に扱い、小人の生活が危機に晒されようとするのも、そういうことなのか。
 
そう考えていたところで、ここ数年で動物が山から下界におりてきて、射殺されるようなニュースを聞きますが、そのことが思い浮かびました。

[映画] 風が吹くとき

()

風が吹くとき

 

不朽の名作のようですが、iTunesで発見して、初めて知りました。
 
これはまさに今日本人が見るべき1本なんでしょうね。
 
核があるこの世の中の恐ろしさを、イギリスの田舎で理想的で静穏な生活を営む老夫婦の生活を通して訴えかけられます。
 
今もし突如、北朝鮮が核ミサイルでも発射して、日本に落ちたとして、生き延びた場合、その時自分の判断でしっかり生きれるのか。
 
福島原発の事故があってもなお、もう一度同じことが起きてしまった場合、自分はどう行動したらいいのかわかったのか。
 

[映画] リアリズムの宿

()

リアリズムの宿

 

iTunesで見つけた掘り出し物作品。めっちゃ新感覚で面白い映画です。
 
この手の笑いは下手にお笑い芸人のコント見るよりツボに入るとヤバいかも。
 
なぜならリアリズムだから。
 
と言って、言葉の使い方合っているのか自信ないですが。
 
誰にでも起こりえそうな、ほんとなんでもない日々を淡々と描くというか、自分の身にも起こりえそうな他人事とは思えない世界観がたまらないですね。

[映画] トイ・ストーリー3

()

トイストーリー3

 

評価している人が非常に多かったので、気になっていた作品。
 
トイ・ストーリーって観たことなくて、お子様向けの話と思って高を括っていた部分も正直あったんですが、これは素晴らしいですね。
 
普通だったらあまり考えることのないおもちゃ側の視点から、彼らなりの生き方を描いた作品。
 
自分も小さい頃から大事にしていて捨てられないぬいぐるみがあったりして、もしかしてそのぬいぐるみもウッディ達と同じようにいつか捨てられてしまう不安とか持っているのかなとか思ったり。
 
ぬいぐるみやおもちゃはピーターパン同様に歳をとらないですからね。彼らだけ寂しい思いをしてしまうんですよね。
 

[映画] ブラックスワン

()

ブラックスワン

 

あなたの想像は100%覆されるというのがこの映画のキャッチみたいですが、その通りです。
 
途中までは淡々と進んでいくので、一体この映画がヒットした理由って何だ?みたいな感じだったんですが、気づけばいつの間にか胃がキリキリしだして、目が離せなくなり、圧倒されて終わってましたって感じ。
 
軽いショート状態みたいな。

戦意

© 2012 戦意