[映画] カイジ 人生逆転ゲーム

()

カイジ 人生逆転ゲーム

 

カイジ2が公開されてますが、前作を観てなくて、予告編見てすげー面白そうと思っていながら、ずっと放置してたんで見ました。
 
最初から最後までこんなに手に汗握る映画も邦画ではなかなかないんじゃないでしょうか。
 
常にスリリングで見る人の心を離さない展開の仕方がすごいですね。
 
生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされるゲームに何度も挑戦する展開が、なるほどなというところでした。
 
生死をかけた戦いって普通前置きがあって、本番を迎えるまでの経緯を描いたりするもんですが、この映画の場合次々と生きるかくたばるかの選択を迫られるので、心が全く休まらないんですよね。
 
原作が映像化するのにすごく向いているのか、監督の手腕なのか自分にはわかりませんが、お見事って感じでした。
 
クズでも這い上がれ!可能性は必ず残されている!小さな可能性を見逃すな!そんな希望を訴えかけるメッセージを感じます。
 
ただ、藤原竜也の演技が個人的にあまり好きではなくて(笑)、今回もなんかわざとらしいオーバーな演技が終始イラつきましたが。
※予告編はもう見つからず

戦意

© 2012 戦意