[映画] 八日目の蝉

()

八日目の蝉

 
ドラマをちょろっとだけ見て、すごい気になっていたのでiTuneで観ました。
 
主人公(希和子)が不倫相手だった人との間に子を授かり、でも生むことを許されず、堕ろし、子供を生めない体になってしまう。
 
その後、不倫相手の奥さんが出産。一目見ようと思っただけのつもりが、赤ちゃんを誘拐して、逃げて、育てて…というシリアスな展開ですが、すごく愛に満ちた温かい部分のシーンもあったりして、そのギャップ感が印象に残りますね。
 
希和子は誘拐したことに反省の気持ちはなく、子育てを経験させてくれた感謝の思いでいっぱいですという、冒頭のこの台詞がこの映画の肝なんでしょうね。
 
見終わった後、この言葉をどう捉えるべきなのかすごく考えさせられました。
 
もちろん誘拐したのは罪ですが、子供にとっては愛された日々はかけがえのないもの。
 
誰よりも自分を愛してくれる人に愛してもらい、育ててもらった。幸せな日々。
 
親子って何?という問いかけを突きつけられます。
 
 
また、小豆島の情景がすごく美しくてすごく行きたくなるというか、非日常的な世界に身を置きたい気分になりました。
 
今入院しているからかもしれませんが、何か仕事のことすべて一旦忘れられる場所に(笑)
 
小豆島が二十四の瞳の舞台でもあったということで、余計に。あの映画大好きで。
 
公式サイトではロケ地が案内されていて、気になった人は実際に行くことができて親切ですね。
 
予告編は以下です。

八日目の蝉

戦意

© 2012 戦意