[映画] ソーシャル・ネットワーク

()

ソーシャル・ネットワーク

 
Web業界に身を置いておきながら今更見ました。
 
MySpaceを始めとするSNSが世の中にはすでに出回っている中でFacebookは始まったんですね。そこ意外でした。
 
ウィンクルヴォス兄弟なんていうマーク・ザッカーバーグにFacebookを作るきっかけを与えて、自分達はおいしい思いが出来なかったことを妬み訴訟を起こしている実在の人物がいるってこともこの映画で初めて知りました。
 
まあ悔しいでしょうね。でもザッカーバーグが言う通り、彼だからこそFacebookを作り出すことができたんでしょうし、もう少し彼との距離を縮める方法が何かしらあったんじゃないかなと思います。
 
一方的すぎる感じがするし。
 
全体としての印象は、なんかう〜んという感じ。
 
食い入って観れたけど、サヴェリンや兄弟の訴訟話が目立って、結局会社経営は孤独でいろんな人間関係が大変なんだよってことが言いたいのか、なんだか一番のメッセージがイマイチピンと来なかった。
 
こうやってFacebookは生まれたんだよっていうことであれば十分理解できたけど。
 
サービスなんて固い言葉使わずに、単純に面白い!すごい!って自分の心が突き動かされたものを実現するためにひたすら突っ走る。
 
突っ走ってきてそれが大きなサービスとなって、億万長者になっていた。
 
そんな時間を過ごしてきたザッカーバーグは羨ましいなと思いました。
 
自分も会社から給料をもらって生活するんではなくて、自分で作り上げた仕組みを持ってして飯を食っていきたいなとそんな思いはより一層強まりました。
 
予告編は以下です。

ソーシャル・ネットワーク (字幕版)

戦意

© 2012 戦意