Premiere Pro CS4 基本操作備忘録

()
友人に結婚式関連の映像編集を頼まれて、初めてPremiereを使ってみたので、忘れないうちに基本操作メモ。


用語


クリップ:ひとつのシーン

インポイント:クリップの始まりの位置

アウトポイント:クリップの終わりの位置

デュレーション:クリップの長さ

トリミング:クリップの長さを調整すること

トラック:Flashでいうレイヤーのようなもの。

シーケンス:複数のクリップを配置してできる一連の映像群みたいなもの。実際に見せる部分の映像のトラックって感じ。



トリミングツール


選択ツール
→クリップを移動したり、長くしたり、短くしたりするときに使用。
その際、デュレーションも変化する。
ただし、他のクリップと隣合わせの場合、クリップを短くできても、長くすることはできない。


リップルツール
→クリップを長くしたり、短くしたりする。
その際、デュレーションも変化する。
選択ツールと違い、他のクリップと隣合わせでもクリップを長くすることができる。
そして、全体のデュレーションがいっしょに増減してくれるのでクリップが接合している前後のクリップのインポイント、アウトポイントは変化しない。


ローリングツール
→クリップを長くしたり、短くしたりする。
その際、デュレーションも変化する。
リップルツールと違い、クリップが接合している前後のクリップのインポイント、アウトポイントも変化させる。つまり、全体のデュレーションは変化しない。


レート調整ツール
→その名の通り。
映像の再生速度を変更するもの。
デュレーションも変化する。対象クリップを伸ばせばスローモーションに、短くすれば早送り状態にする。道案内ムービーとか、スポーツのリプレイ映像とかに使えるのかな。


スリップツール
→その名の通り。
クリップの中身を横滑りさせる。
デュレーションは変化しない。
対象クリップを左にドラッグすれば、先にあった映像が前にすべってくる(インポイントが先に進む)。右にドラッグすれば、前にある映像が後にすべってくる(インポイントが前に戻る)。感覚的には普通、左にドラッグで巻き戻し、右にドラッグで先送りという感じだけど、これは逆なので注意。最初ハマった。


スライドツール
→これもその名の通り。
デュレーションは変化しない。
対象のクリップを前後にドラッグすると、そのクリップの前後にあるクリップの長さが変わるというもの。対象のクリップ自体はデュレーションが変わらない。右にドラッグすれば右のクリップのインポイントが後ろにずれて、前のクリップのアウトポイントが後ろにずれるという感じ。


オーバーレイ配置とインサート配置


オーバーレイ配置
→クリップの上に違うクリップを乗せて、内容を上書き(オーバーレイ)する。


インサート配置
→クリップを指定したフレームに割り込ませる。そこにクリップがあればそのクリップは分断され、間に挿入される。


オーバーレイ配置は使わなかったな。

インサート配置するときは、移動したいクリップを選択し、ドラッグで移動させ、入れたい場所に持っていったら、Ctrlキーを押しながらドロップ。


最初、このCtrl押しながらっていうのに気付かず、勝手にオーバーレイ配置になってしまいハマった。



まとめて全部のトラックのオブジェクトを移動


ctrl + Aで全部選択した上で、選択ツールでドラッグ


DVD作成

Premiere Pro CS4単体ではできないので、Encoreを使って作成。
Encore上で映画とかのDVDにもよくあるメニュー画面の作成が簡単に出来る。
(ただしPhotoshopとかで画面の素材は用意した方がいい。)

Encoreはなんだか動作が不安定な感じがした...。


ネット上で閲覧できる形式で書き出しするには

Premiere Pro CS4単体ではできないので、Media Encoderを使って出力。
約10分程度の映像でもレンダリングに2~3時間かかることも...。
もっと早くできないの?遅くなっている要因はなんなんだろう?




以上のことがわかっていれば簡単な動画編集ならサクっとできる気がした。
フォトショなんかと比べたらツールが少なく、シンプル。


あとはトランジションやエフェクトアニメーションを使ったり、
さらにはAfter Effectsと連携すればなかなか面白いものが出来るのではないかと。



映像編集するならハイスペックPCでやったほうが絶対いいですね。

スペックが低いと、レンダリング中ネットもしにくいし、
フレームサイズがでかいとレンダリング中に落ちる。

残り10分で落ちたりしたらたまったもんじゃない。


以上備忘録でした。


P.S
卒業制作公開日が延期になり、
5月1日予定に。

戦意

© 2012 戦意