さらば、おデブちゃんデスクトップPCよ

()

2010年、私のライフスタイルは大きく変わりました。

8月には初めてのスマートフォンとなるiPhone4を使用開始。

9月にMac Book Pro15インチを手に入れ、そしてWiMAXを契約。デスクトップPCとおさらば。

これを機にWindows版Master Collection CS4からMac版CS5にアップデート。

WiMAXはうちの近所や建物内で電波悪すぎるので、1ヶ月くらいで即解約し、11月にdocomoのwi-fiルータ HW-01Cを導入。
(WiMAXはヨドバシで申し込んだプランは違約金とか一切かからない)

そして12月末にはApple LED Cinema Display 27インチも導入し、外でも家でもそれなりに快適な作業環境を整えることができました。


Apple製品
お陰さまでインターネットとますます接触時間が多くなりました。

いつでもどこでも快適にネットが出来て、好きなように作りたいものを作れる喜び・安心感のようなものがある。(すげー金かかりましたが)

デスクトップからノートに変わるだけでこんなにも快適になるのかという点、スマートフォンで便利になった点、この期に及んでまとめておきたいと思います。


[MBPの場合]
 

1. 移動時間で映画が見られる

当たり前ですが、iTunesから映画レンタルも出来るようになったことで、ますます映画上映機としての役割が大きくなってくるわけですよ。予定が変わって、合間の時間とか出来ちゃったらカフェにでも入って映画でも見ればよかったり。

この正月休みにおばあちゃん宅へ出かけたのですが、移動の車中、ただ寝る時間ではなく、良い作品を見て、インプットする作業に当てることができたわけです。有効に時間を使えたのではないかと。

サマーウォーズ、すげーよかったです。噂には聞いてましたが。(これは普通にDVD借りました)


 

2. 野外パブリッシュが出来る

例えば電車乗りながらでもFlash出来るわけですね。

ガストやマックで勉強する学生の気持ちは今まであまりわからなかったのですが、実際やってみると意外といい。公共性みたいなものがあるから、Twitterやmixi開いているところ見られたらなんか恥ずかしいし、集中せざるを得ない状況に追い込めます。
なにより必死に勉強している学生を見ると、気合が入ります。

15分あれば喫茶店に入りなさい。 | Webディレクター・ハラヒロシのブログ


 

3. 居酒屋ブレストも快適

居酒屋でミーティングして、その場でGoogle Documentを共有しながらのブレストはかなり利便性を感じました。
壁に囲まれた居酒屋はWiMAXの電波入りづらいから、docomoのルータがオススメ。ただし、さすがに地下の奥まった居酒屋はdocomoでもしんどいの注意。

 

4. 制作物をその場で見てもらえる

別にWebとは関係ない業界にいる友人なんかと会ったとき、「こんなサイト作ったんだけど、面白いと思う?わかりやすい?」みたいなやりとりができる。

わざわざメールで丁重にご意見ください的なお願いメール送って見てもらうのも重いし、申し訳ないけど、これならみんなに気軽に見てもらえて、酒も入っていれば遠慮なくダメだしもしてもらえる。

 

5. 家のネット回線は解約というのもあり。

docomoのWiFiルータ HW-01Cは、FOMAハイスピードそのまんまの通信速度になるけど、普通にネットする分には速度に問題ないのではないかと思います。ガストで作業していて特にストレスは感じません。

カバーエリアはもちろんWiMAXの比じゃないです。大抵の場所で電波入ります。文句無しです。

なので、家に光を導入したりして、月額料を払うよりかは、WiFiルータ1つでネット回線を運用していくのは当然ありなのではないかと思います。

最近はLTEも出て、無線ながら光回線並の速度も出てたりするようなので、ますます今後は家に線を引く必要性がなくなってくるような気がします。(外でも使う人はですが)

 

6. MacであればWindowsもこれ1つで

言わずもがな。まだ私はやってませんが、Mac系PCにWindowsインストールすれば、Win機と2台持ち歩かなくても、1つで両方の動作確認チェックなど出来てしまうと。



まあこれら当たりまえのことなんですが、
デスクトップじゃなきゃできないことってなんだっけ?みたいなことになってくる。パワーならMBPで十分だと思う。Web制作なら。

映像制作だって、普通に問題なく出来てる。

デスクトップには拡張性があるとか言っても、そんな拡張とかしないし。

MBPなら解像度も高いので、どうしても大画面じゃなきゃ嫌だという人でない限り、15インチで十分な気もします。
大きいのがいいならデュアルモニターで補えるので問題無し。

唯一Macに限って弱い点って、テレビ&ブルーレイ鑑賞でしょうか。3Dとかも見れないので、最新のエンターテイメントにこだわりたい人はWin機の方がいいかもしれませんね。



[iPhone4の場合]

 

1. 電車の中でひらめいたアイデアはEvernoteにすぐ書き込み

これ結構使った。Evernoteは最近やたらと使うようになりました。思いついたもの、ちょっとしたメモはすべてEvernoteに放り込みました。電車内で写真素材サイトから探しだした、使えそうな写真のURLなどもメモっておいて、会社についたらそれを整理したり出来るのも助かった。

 

2. 読書&音楽もiPhone

まだ蔵書が少なすぎてなんとかしてほしいですが、別に電子書籍用デバイスはいらない気がしてます。スマートフォンで十分ではないかと。

iPhoneでもしドラを読みましたが、すごくよかった。キーポイントにマーカー引いて、後から参照できるってすげー便利。あの小さい画面でも全く読みにくさは感じませんでした。

もちろんiPhoneあればあえて別にiPodもつ必要もないと思いました。

 

3. スケジュール管理をGoogleで

最近主流の、GoogleカレンダーとiPhoneのスケジュール管理アプリを同期させるってやつ。

使いこなしていたいところですが、ぶっちゃけこれ使いこなせてない。細かいタスクが多すぎてイチイチ記入していられないから。todoリストでいっしょにスケジュール感を把握してしまっている感じです。

ここはもう少しなんとかならないかぁ〜といったところです。

ただ、やはりおサイフケータイが使えないのは相当痛いです。

だからガラケーも解約出来ずにいます。

Andoroid搭載機種もそこが改善されない限り、導入にいたれません。



と、長くなりましたが、

いつでもどこでも快適にインターネットということが当たり前になってくる時代は、とてもつもなくいろんな可能性を秘めているんだなぁということを痛感した次第です。

パワーはあって頼もしいけど、場所をとって、軽快さに欠ける、やたら鼻息も荒い、おデブちゃんデスクトップPCとはもう永遠にさよならかもしれません。


そんな感じで今後ともよろしくお願いいたします。

弛まずマイペースに個人的創作活動にも打ち込んでいこうと思います。

戦意

© 2012 戦意